ブルーベリーを知ろう

サプリメントでもよく目にするブルーベリーですが、元々は北アメリカが原産地で食用として食べていたそうです。
生でもたまに見かけることがありますが、ジャムなんかでも商品化されています。
実際サプリにもなっているこのブルーベリーは目にいいといわれていますが、それはアントシアニンが多く含まれているからです。
よく書いてあるのは、デスクワークなどで目を酷使している人が摂取すると、ちょっと楽になったなんて話もあります。
ただ、ベリー系は全般的に、膀胱炎などの治療や予防に使うと効果があるらしいです。
また、ブルーベリーを原料とする医薬品がヨーロッパでは作られていたりします。
ちなみに、栄養素としては、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、カリウム、食物繊維、βカロテン、亜鉛などが含まれていて、ポリフェノールも多いのですが、抗酸化力が強いです。
日本では東京の小平市、山梨県の茨城県一部地域が日本三大ブルーベリー栽培が盛んなところのようです。