視力回復の薬効で注目を集めるブルーベリー

ブルーベリー(blueberry)とはツツジ科の落葉小低木で、原産地は北アメリカ。ヌマスノキ、アメリカスノキなどの和名でも呼ばれます。生食用やジャム、ジュース、アイスクリームなどに使われる品種があり、もう一つは現在、巷で話題のビルベリーで、普通のものとは違います。ビルベリー(学名Vaccinium myrtillus)は眼精疲労や視力を回復させるためのサプリメントとしてよく使用されています。

ブルーベリーといえば誰でも目の健康に良いということを知っていますが、特に薬効が高いのがビルベリーで、有効成分のアントシアニンが普通のブルーベリーよりも何倍も多く、視力回復の効果に大きな期待ができるので、注目を集めています。ブルーベリーには抗酸化作用や毛細血管を保護する薬効があることも解明されています。

ブルーベリーを使った食品では、ガムやキャンディー、ジュースなどさまざまな製品があります。

その中でもお馴染みのブルーベリージャムを作る場合、大切なのはなるべく鮮度がよく、酸味と香りが強いものを選ぶことが大切です。

このジャムを作り置きしておき、ヨーグルトに入れてもいいし、パンケーキに生クリームとこのジャムを塗って食べると絶品です。特に生クリームやアイスクリームとの相性がいいので、酸っぱいものが苦手な人は、生クリームなどと一緒に混ぜて食べるといいでしょう。