目の疲れを改善する成分を持つブルーベリー

仕事でもプライベートでもパソコンやスマートフォンをはじめとするデジタルディバイスを駆使する機会が増え、現代人は昔に比べて格段に目が疲れていると言われています。そんな中でこの目の疲れを改善するものとしてブルーベリーの効能に注目が集まっています。この仕組みを深く掘り下げてみると、もともとブルーベリーにはアントシアニンと呼ばれる色素が含まれており、これはワインやチョコレートなどの効能としてよく耳にするポリフェノールの一種です。これらは人間の網膜に存在するロドプシンという物質が目に飛び込んできた視覚情報を脳へと伝える働きを大きく助けます。つまり、この効果が持続することによって私たちは「通常よりも見え方が改善された」と感じるわけです。またブルーベリーには身体に悪い症状を引き起こす活性酸素を抑える抗酸化作用があることでも知られています。

これほどの効果をもたらすブルーベリーですが、果物店にて売られてあるものをそのまま食するもよし、ミキサーでジュース状にするもよし、また冷凍フルーツとして売られている場合もありこれをヨーグルトにまぶして食べるのもお薦めです。また最近では数多くの健康食品も開発されており、これらのブルーベリーの成分を効果的に閉じ込めた錠剤も人気を呼んでいます。いずれにしても長く摂取するということが重要です。自分が無理なく持続できる方法にて長らく付き合っていきたいものです。